クリーニングはメリットもデメリットもあります

クリーニングに出す物は衣類のタグに水洗いNGの表記のある物や、家では落とせないようなシミが付いてしまった衣類等です。汚れは食事の時に付けてしまったシミや、子供が学校の習字の時間に付けてしまった墨の汚れ等です。

また子供が部活で着ているユニフォームの泥汚れもなかなか落ちません。自宅でもある程度なら汚れを落とすことができるのですが、汚れがスッキリ落ちずにただ汚れが薄くなっているだけだったり、衣類を擦ってダメージを与えてしまったりしてしまいます。

普段利用しているクリーニング店は、クリーニングの衣類を5点以上持って行くと料金が半額になるので、衣替えの時期にはなるべくまとめてクリーニングを出して節約しています。

利用する度にポイントが貯まってポイントが貯まると割引券が発行されたり、自分の誕生日月に割引のサービスがあるのでいつも同じクリーニング店を利用するようになりました。衣類をクリーニングに出すと3日後には仕上がってくるので、急ぎのクリーニングでなければまとめて出すようにしています。

衣類をクリーニングして良かった点は、衣類が新品のように綺麗になることです。汚れも自宅で落とすよりもしっかりと落ちて、アイロンもしっかりしてもらえるのでプロに頼んだ方が良いと思います。

以前ダウンジャケットを自宅で洗濯したことがあったのですが、クリーニングに出した時のように中綿がフワッと膨らんだ感じにならず、ボリュームのないダウンジャケットになってしまってクリーニングに出さなかったことをかなり後悔したことがあります。

クリーニングして悪かった点は、急ぎの衣類でもある程度日数がかかってしまう事と、料金が高い所です。これは仕方のない事かもしれませんが、仕上がりまでの時間がもう少し短縮されると嬉しいです。

料金は衣類の素材によって高額になってしまったりするので、最近では自宅で洗えそうな衣類は手洗いをして節約したりしています。リーズナブルな料金でクリーニングを利用できれば、利用する回数ももう少し増えそうな気がします。

ページの先頭へ