我が家でクリーニングに出すことが多い物は

我が家では、雑誌の家クリーニングの仕方を見て自宅で洗うようにしています。ですがやはりきちんとした場で着る洋服については自信がないのでクリーニングに出すようにしています。

クリーニングに出すことが一番多いのは、中学生の娘の制服や主人のスラックスです。ちょっとした汚れの際には濡れたタオルと洗剤石鹸で軽く洗っていますが、夏物、冬物をしまう前にはクリーニングに出すようにしています。

娘の制服は学校生活の中いろいろな汚れがついています。汗や給食の時にこぼした汚れや授業中にノートを書いているときに汚れる袖口など、制服の色が黒っぽいので目立ちづらいですが沢山の汚れがついています。

本人が間違ってつけたと自覚している汚れは自己申告してくれるので、その時にちょっと洗うようにしていますが、学校生活をしている間に自然とついてしまう袖口の汚れや襟の汚れは 気が付いた時にはなかなか自分では取れないような汚れです。

主人が汚すことが多いのがスラックスです。スラックスのポケットに手を入れる癖があるのか、ポケットのあたりが汚れていたり傷んでいることが多いです。

一番困るのが、飲みに行った帰りの汚れです。飲みすぎたのかどこかで戻してしまって、その汚れがついているときは見たときにがっかりします。飲み会の次の日にお風呂で目立つ汚れは落とすようにしています。しかし食べ物や飲み物が混ざった汚れなのでそのままでは心配でクリーニングに出すことになります。

私が持っていくクリーニング店ではスカートは500円弱、スラックスは400円くらいです。時々割引のついたはがきが届くので、そのはがきを持っていくとまた安くなります。出来上がりには、お昼頃に出すと次の日の夕方には出来上がる、スピード仕上げがあるので長期休み中に忘れていて、新学期が始まる直前にあせって持って行ったことがありました。

クリーニング店に出すとその場で汚れているところをチェックして教えてくれるのでどこが汚れているか私も把握できるので助かります。自宅で洗うよりもちゃんと綺麗になっているし、除菌などいろんな意味で綺麗になっている気がするので安心してしまうことができると思います。

一部どうしても取れない汚れがチェックされて戻ってきてちょっとがっかりすることもありますが、プロがやっても取れなかったのだから・・・と割り切ることもできて、納得することができています。

ページの先頭へ